現代において自転車はブーム、様々な種類の自転車がある

自転車はいつ頃からあるのだろう

自転車はいつだれが発明したのかは詳しいことは分かっていませんが、子供の玩具として木馬に車輪をつけて足で蹴って進む乗り物が原点ではないかと言われています。1879年にイギリスでフロントギアとリアギアをチェーンで結んだ駆動式自転車が発明された後、近代的な自転車として確立されてきたのです。海外ではバイシクルという英語からバイクと略され呼ばれる自転車は、ロードバイクやマウンテンバイクを始め様々なバイクがあり、移動手段として、スポーツや遊びとして、多くの人に利用されています。

自転車にはどのような種類があるのか

ロードバイクは舗装道路専用バイクとして長距離を走るための自転車で、フランスやイタリアなどのヨーロッパ諸国では国民的人気スポーツとしても有名です。マウンテンバイクはヨーロッパよりアメリカでの人気が高く、山を走るに適した構造を持ち、水溜りやぬかるんだ悪路、未舗装の道路で走れるように工夫されています。ロードバイクのタイヤは非常に細く空気圧も高いのが特徴で、マウンテンバイクのタイヤは砂利道なども走れるように非常に太くなっているのです。

自転車の購入を考えている場合

ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、エアロバイク、シティバイクなど様々な自転車がありますが、自転車を購入する際にはカタログや雑誌などで勉強することも出来ますし、サイクルショップに行き実物を見たり触ったりして選んでみるのが良いでしょう。自転車の種類も豊富、自転車を売るサイクルショップも星の数ほどありますが、ネットではサイクルショップの口コミ情報なども調べられます。お店の評判を調べておくとお店を決める際に役立てることが出来るでしょう。

名古屋の自転車のショップの特徴は店によって扱う種類が違うため、今後の生活に役立てるように内容を比較して決めると便利です。